求人広告でチェックすべき事【非公開】

転職をする際にチェックするのは求人広告ですよね。しかし、とある転職コンサルタントに言わせれば、求人雑誌に載っている広告はあまりあてにならないといいます。
というのも、求人雑誌(特に無料)に載っている広告のほとんどが、アルバイトやパートといった非常勤で埋め尽くされていますし、今話題の“ブラック企業”である可能性が多いのだとか。
そんななか、転職に役立たせるべきといわれているのが“非公開求人”です。こちらは先に述べた求人と違い、全体の約2割しかないとされています。
ではなぜ非公開の方が良いとされているのでしょうか?ここではそのメリットについてお話したいと思います。

非公開求人がなぜ良いのかというと、一般的とされる公開の場合は、幅広く様々な人材を集め、主に若いうちからの育成を目的としているといいます。
だから新卒や未経験可といったものが多いんですね。
しかし、例えば、急遽退職者が出た場合、その前職者と同じスキルを持ち合わせている人をそのポジションに就かせたいと思うと、新卒や未経験者のような人材を使うのはいささか抵抗がありますよね。特に看護師というのは命に関わる仕事。“誰にでも出来る”という仕事ではありませんし。
ここで、経験をある程度積んだ中途採用が欲しいわけです。が、この中途採用を公開求人にしたところで時間がかかり、いつ応募が来るかも、どんな人が来るかも分からない。さらに、急募=それなりに良質な条件を組むため、応募が殺到しても困ります。
そこで登場するのが非公開求人なのです。選ぶ側はその求められている経験、資格さえ積んでいれば、良質条件で働く事が出来ます。要は公開求人が“質より量”なのに対し、非公開求人は“量より質”なのですね。

そんな非公開求人を扱っているのは、主に看護師専門の求人サイトや人材紹介センターだといわれています。
特に人材紹介センターの場合、派遣センターが厳しく検査した上で仕事の依頼が来るので安心。また、契約期間満了になっても良ければ契約延長の提示をされる事もあり、自分に合わなければ辞められる。辞めてもすぐに仕事を紹介されるので、自分で新しい職場を探す必要がありません。
それにある程度のこちらの条件ものんでくれるそうですから、働くべき看護師の方がいくらか優位な立場に立てるといえるようです。

仕事の探し方は人それぞれ。自分に合った探し方、就き方が出来るようある程度調べておくといいでしょう。
こちらに初めて転職する看護師さん向けに、転職に付いて解説しているサイトがあるのでよかったらどうぞ。
http://nurse-career-change.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です