技術を学ぶのに適した大病院

看護師として働く場所はたくさんあります。
そんな中でもまず最初に頭に浮かぶのは、総合病院など、大きな病院ではないでしょうか?

キャリアアップを目指すのであればやはり大きな病院に勤務するメリットは大きいといえます。
特に大学病院など、最新の技術が集まる病院での勤務はより高度な技術や知識を学ぶのにもってこいの環境が整っています。
医療設備についても整っているため、様々な技術の習得や経験を積むにはもってこいの職場といえます。

病院内にいろいろな診療科があるため、転職することなくいろいろな診療科での勤務を経験できるのも大きな病院ならではのメリットです。

また待遇の面でも小さな病院に勤務するよりもよいのが特徴です。
給与が高かったり、福利厚生が充実しているなどのメリットも挙げられます。

大学病院にかぎらず、総合病院には様々な患者がきますし、看護師としてのスキルを磨くためにはよい環境なのですが、大学病院は一般的な総合病院に比べて医師や看護師といったスタッフが多いため、総合病院の看護師とは業務の内容が異なることも少なくありません。
たとえば採血や点滴ルートの確保は総合病院では看護師の仕事ですが、大学病院では研修医が受け持つなどの違いがあります。
こうした違いは勤務する病院によっても異なりますが、転職を考える場合にはこうした違いに戸惑うことがあると言われています。

そもそも大学病院の求人は看護師としてある程度の臨床経験やスキルがないと応募できないことも多いので、もし働きたい病院があるのであれば、募集条件や勤務形態、仕事の内容について事前に調べ、準備しておくことも必要です。

総合病院勤務の看護師は他の病院勤務の看護師に比べてスキルが高いとも言われています。
これは看護師ひとりあたりが受け持つ患者の数が多いため、とにかく数をこなすことができるということです。
数をこなすことが即高い技術力につながるわけではありませんが、いかに効率的に動くか、ということを身をもって体感できるのが総合病院勤務の看護師なのです。

手技を磨き、確実にキャリアアップを目指したいのであれば、総合病院勤務がおすすめです。
急性期のスキルについても学ぶことができますし、医師の介助などの仕事も多く経験できます。
まずは総合病院に就職してスキルを磨き、その後の転職に活かすというのも考え方のひとつです。

看護師の仕事は日々の勉強の積み重ねとも言えます。
人の命を預かる責任ある仕事であり、やりがいのある仕事でもあります。
様々な経験をしてスキルアップ、キャリアアップを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です